ジムのマシンを使った解りやすい太股の筋トレ

皆様こんにちは!今日もお元気でしょうか?!私は元気です。今日は太股をトレーニングさせて頂きました筋肉コミュニケーション研究家のジャスティス岩倉です。そこで今回はジムのマシンを使った解りやすい太股の筋トレについてお話させて頂きたいと思いマッスル!

スポンサードリンク



ジムのマシンで太股を鍛える筋トレと聞いて一番先に思い浮かぶマシンといえば、やはり大腿四頭筋を鍛えるレッグエクステンションではないでしょうか?

wpid-1456901026689.jpg
  • レッグエクステンション

    太股の筋トレではとても有名で皆様が取り入れています。この動作は大腿四頭筋のみを使ってダイレクトに太股の前に効かせる事ができるトレーニングです。ジャスティスが以前、腰を痛めてスクワットやレッグプレスなどのこう重量を扱う種目を行えなかった時に、このレッグエクステンションの効果に気ずく事が出来ました。感謝です。ここで学ばされたことは、怪我をした時や、何か落ち込むような出来事が起きたら、何か新たなアイディアや行動を考えるチャンスを神様が与えて下さっているのだと。皆様も是非、このシグナルに耳を傾けてみては如何でしょうか!?きっと日々のジムでの太股の筋トレをより効果的なものになるはずです!お試しを!

  • レッグカール

    さて、次は太股の後ろ側、いわゆるハムストリングと呼ばれます筋肉について、ジムでのマシンを使った筋トレ方法についてお話さて頂きます。このハムストリングですが運動向上においてとても重要です。この太股の裏ハムストリングスが衰えてくると身体のバランスが崩れたりと様々な支障がでてくるようです。実際、私自身も競輪選手時代には太股の裏側、ハムストリングの強化にかなりの比重をおいてトレーニングをしていました。今回は、ジムでこの太股の裏側をダイレクトに鍛えるトレーニング「レッグカール」についてお話をさせて頂きたいと思います。

スポンサードリンク



ジャスティスホイント①・・・

お尻を固めた状態で動作を行う!はい。これはどういう事か簡単にご説明させて頂きますと、皆様もご存知の固定筋と主動筋でございマッスル。

まずは、ターゲットとなる筋肉のみを使った反復運動をなるべく、心掛けて頂けたらと考えます。その為にはスタート時からフィニッシュ時までの一連の動作におきまして、身体が、なるべくぶれる事の無いようなスムーズに筋肉を動かせていきます。

特に体感部分や腰周りがグニャグニャと動作の度に動いてしまっては、負荷がターゲットとなる、太股の裏側のハムストリングがら逃げてしまいます。訓練を重ねて、お尻のしっかりと固めた状態で行って感覚を研ぎ済ましてください。

  • インナーサイ(inner thigh)

ジムで鍛えるマシンを使った解りやすい太股の筋トレ!続きましてはインナーサイマシンでございます。こちらのマシンで鍛えられる筋肉は太股の内側にございます内転筋郡とお尻の筋肉の殿筋です。

太股を閉じる時に太股の内側に意識を集中させていきましょう。太股を閉じる時にフゥーっと息を吐きます、そして太股を広げる時に息を吸い込みます。動作中は極力、太股の内側、内転筋の力が抜けない様に心掛けてください。そしてジャスティス岩倉的、インナーサイ筋トレ、ポイントは太股を閉じた時にそのままキープして止めます。そこから耐えられなくなってきたらネガティブ動作を意識して戻していきます。

そして更に広げている途中で再び動作をストップさせ内転筋にコンセントテーション(集中)をかけていきます。一つの動作の中でこのストップモーションをを3回行うという筋トレ方法です。

私はこの筋トレ方法で5レップ3セット行います。インターバルは1分半です。私自身はこの筋トレ方法で短時間でかなりの刺激とパンプを体感できましたが、とても息が上がるハードな筋トレ方法ですね。皆様も是非一度チャレンジをしてみては如何でしょう!

  • アウターサイ(outer thigh)

インナーサイとくればやはり、アウターサイではではないでしょうか!?

ご存知のとうりアウターサイは、インナーサイの逆です。今度は太股の外側の筋肉です。同時にお尻の横側(中臀筋)、太ももの外側(大腿筋膜張筋)も鍛えられるのがアウターサイマシンです。

ここでトレーニング王様として知られますスクワットとの違いについて少し考えてみましょう。下半身の筋トレと言ったらやはりスクワットですが、このスクワットの動きを思い浮かべてみてください。前後の動きです。屈曲と伸展!

これに対してインナーサイマシンととアウターサイマシンは左右の動きですですね。内転と外転の動きが出来ます。

鍛えられる筋肉ンナーサイとは逆になり、お尻の横側(中臀筋)、太ももの外側(大腿筋膜張筋)というように、お尻や太ももの外側を鍛えることが出来ます。この動きの違いを意識してください。ジムでマシンを使って筋トレを行うとき、筋肉や間接がどの様な動きをしているのか、又どの様な時に一番のパワーを発揮できるのか。考えながら筋トレを行えば、もっともっと筋トレが楽しくなると思います。

何でもそうではないかと思いますが、楽しい事は上達も早いですよね。筋トレも基本的には楽しむのが一番だと思いマッスル!!楽しんで筋トレジャスティスです!

今回も、最後まで御清聴くださり誠に有難うございました。ジャスティス岩倉のジムでのマシンを使った太股の筋トレでした!

有難うございました!

筋肉コミュニケーション研究家・ジャスティス岩倉

スポンサードリンク



 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です