スタビライゼーションでのトレーニングメニューとやり方について

皆様こんにちわ!筋肉コミュニケーション研究家のジャスティス岩倉です。前回は私のボディバランスが悪いという話の流れからスタビライゼーショントレーニングを取り入れ、その効果について語らせて頂きました^^今回はそのスタビライゼーショントレーニングメニューとやり方についてジャスティス流に具体的にお話をさせて頂けましたら幸いです

スポンサードリンク



スタビライゼーショントレーニングメニュー

さて皆様はボディバランスを整える為にどの様なスタビライゼーショントレーニングメニューを行っているでしょうか?又行っていこうと考えているのでしょうか?すでにスタビライゼーショントレーニングがどの様な効果をもたらすかは皆様のご存知ですね!ではトレーニングメニューのやり方なのですが、代表的なスタビライゼーショントレーニングメニューはやはりプランクではないでしょうか?下のお写真のような感じです!

「プランク」の画像検索結果

ノーマルスタンスですとこの様な体制をキープし続けるというトレーニングメニューでございます。体のコアとなります体幹を固めてなるべくぶれない様にキープいたします。器具を使わずにいつでもどこでもトレーニングが出来るという有り難いメニューですね。一件地味にみえますが体幹を鍛えるのにとても効果的なメニューと言えるでしょう。

プランクというスタビライゼーショントレーニングメニューには応用編があるようです。それは横向きプランク仰向けプランク!そして更にジャスティスプランク笑!(ジャスティスオリジナル)これらの様々なプランクを行ってスタビライゼーショントレーニングを行いましょう。ちなみにプランクトンは水中や水面などを漂っている生物なので、プランクとは違いますのでお間違いなく(笑)

前にもお話させて頂きましたが、スタビライゼーショントレーニングは車のスタビライザーと同様で安定させるとう意味を示します。つまりトレーニングメニューと致しましては、コアトレーニングやピラテスも体幹を鍛えるスタビライザートレーニングメニューといえそうですね。

スポンサードリンク



正しい重心を維持できる身体をゲットしておかなければ、様々な局面において支障が出できてしまいます。例えば道を歩いていて突然強風が吹いてきました。こんな時、しっかりとスタビライゼーショントレーニングを行ってい方は体幹が鍛えられていらっしゃるのでバランスを崩すことはないでしょう!しかし私の様にアウターの筋肉ばかり鍛えていて体幹のスタビライザーが鍛えられていなければどうでしょうか??

きっと上のお写真の様になってしまうのではないでしょうか!?そんなことではジャスティス(正義)を守るどころが、己をも守れなません皆様私の様にならない為にもスタビライゼーショントレーニングをしっかりと行っていきましょう!

横向きプランクのトレーニングメニューのコツ

では実際にスタビライゼーションの横向きプランクのトレーニングメニューのコツについて私が実際に行って効果を感じたトレーニングメニューのコツについてお話したいと思いマッスル!まず横向きになってください。

上のお写真のような姿勢をイメージしてください!コツと致しましては頭と股関節を真っ直ぐに保ちます。この時、体幹が下がらないように固定しましょう。上級者の方は床の部分を肘ではなく手の平で支えるとより難易度が上がりより効果的です。呼吸は止めずに自然体でバランスをとりましょう。この姿勢を保てるだけキープしてみて下さい。ギリギリきつくなってきましたら今度は反対側に向きを変えて行いましょう。

椅子の上で仰向けプランクトレーニング

続きましては椅子を使用したスタビライゼーショントレーニングです。皆さん先ず始に椅子をご用意して頂けますでしょうか?!次にご用意して頂きました椅子の上に腰を中心に仰向けになり、身体を支えます。上のお写真の様なイメージです。この姿勢をキープして頂き保ちましょう。

コツとしましては、足の裏から頭のテッペンまで真っ直ぐ一直線になる様にイメージです。1分間キープをします。ワンちゃんがお腹の上に乗っかっても落ちないくらい安定できればいいですね!ワン!腹筋も固めえておきましょう。やはり呼吸は止めないようによろしくお願いいたします。

スタビライゼーショントレーニングメニューやり方のまとめ

ではスタビライゼーショントレーニングのやり方のまとめなのですが、まとめに入る前に、あれ!ジャスティスプランクが無い!?と思われる方いるのではないでしょうか!ご安心下さい。しっかりとスタビライゼーションジャスティスプランクご説明したいと思います!

ジャスティス岩倉
体幹がフラフラして正しいポジションが取れていないとお悩みの貴方!私も一緒です。フラフラジャスティスであります。しかしご安心を!スタビライゼーションに新たなバージョンを考えました。

それはずばり!ジャスティスプランクライゼーションであります!な!な!何じゃそりゃ~~って思いますよね。すみません。極めて簡単です。先ずは屈伸運動を実施し頂き、下半身と上半身がしっかりと連動できるポジションを掴んで下さい。ポイントはおへその下辺りにございます臍下丹田(セイカタンデン)を中止にお体がバランスをとれているかどうかです。この臍下丹田(セイカタンデン)が重要だと考えます。スタビライゼーションの変形ジャスティスプランクライゼーションはこの臍下丹田(セイカタンデン)丹田だけに丹念しながら行うやり方なのです。

筋肉研究家
なるほど!しかしジャスティスさん、筋肉の特徴や骨格など個人差がありますよね。そのポーズがとれない方はどのようにアドバイスをしたらよろしいのでしょうか??
ジャスティス岩倉
探すんです^^人それぞれのスタビライゼーションを!どんな歪なポーズのスタビライゼーションでも臍下丹田(セイカタンデン)を意識できて取れていれば。OK牧場ではないかと考えます。何故ならそのポジションがその方のスタビライゼーションだからです。
筋肉研究家
なんと!!それぞれのスタビライゼーションがあるのですね!ちょっと理解に苦しみますが。なんとなく解りました!考えます!有難うございます!

さてスタビライゼーションでのトレーニングメニューとやり方、如何だったでしょうか^^最後までお付き合い頂き誠に有難うございます!またお会いしましょう。

ジャスティス!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です