ダンベルベンチプレスのフォームを良くするコツとは!

ダンベルベンチプレスファンの皆様こんにちは!筋肉コミュニケーション研究家のジャスティス岩倉です。ところで!トレーニーの方によってはベンチプレスよりも、ダンベルベンチプレスの方が効きます!という方も沢山いらっしゃるようです!そこでダンベルベンチプレスの正しいフォームってどんなフォームなのでしょうかと考えていた今日この頃のジャスティスなのです!

スポンサードリンク



そこで今回はダンベルベンチプレスのフォームを良くするコツとは!について筋肉コミュニケーション研究をしていきたいと思いマッスル!

ダンベルベンチプレスのフォームを良くすると言いましても、どんなフォームがダンベルベンチプレスの良いフォームなのでしょうか!?ジャスティスが考えるにはやはりベンチプレス同様に、胸筋オンリーにダイレクトに効かせることができるフォームが良いフォームではないかと考えました。

バーベルベンチプレスに比べてダンベルベンチプレスは動作が片腕ずつフリーに動けますのでバーベルよりも、バランスをとりながらの動作になりますので、予備的に様々な筋肉を使いますのでより正しいフォームが重要になります。

体幹を固める!

ダンベルベンチプレスのフォームを良くするにはやはり!固定筋と主導筋の区分けが重要です。しっかっりとフォームがフラフラしないように、体幹を固めておかないと、そのつど力が分散をしてしまいます。従いましてダンベルベンチプレスのフォームを良くする一つ目のコツは体幹を鍛えよう!ではないでしょうか。

ダンベルの握り方!

ダンベルベンチプレスのフォームを良くするコツ二つ目ですが、ダンベルの握り方に着目をしてみました。考えてみて下さい、皆様はダンベルを握る時はどのような握り方をされていますか?親指を巻き込むサムアランドでしょうか?親指を巻きつけないサムレスの方でしょうか?ダンベルの握り方ひとつでトレーニング効果は随分かわると思いますので、自分自身でも握り方を研究してみてくださいませ!

スポンサードリンク



ちなみに私の分析では、ベンチプレスやダンベルプレスなどの、プレス系の種目であれば親指を巻きつけないサムレスグリップは効きやすいという結果でございました。^^

身体の武道でいう正中線を意識する!

ダンベルを使って左右均等にバランスよく鍛えるには、正中線を意識!正中線とは武道などのシーンでは良く使われるのですが、仙骨、脊柱、脳幹を一本で繋いだラインのことです。この線を意識することで身体の軸が整えます。身体の軸ですね。やはり身体がフニャフニャしていては心もフニャフニャしてしまいますので、絶対不動の揺るぎないものを持つという事は、ダンベルベンチプレスだけではなく人生においても、重要なことなのではないでしょうか^^

惑わされるな!自分の敵は自分自身だ!

どんなに仕事やプライベートが忙しくても、人生のダンベルベンチプレスはやってきます。そんな時、いかにしてダンベルベンチプレスを正確なフォームで遂行するかが、筋肉人生で成功するかしないかを左右します。

皆様、筋肉人生は自己完結であると思いがちですが、私はそうは思わないです。筋肉人生は多くの人々に笑顔と勇気を提供し続けます。その事が世界平和へ繋がると信じています。笑顔で居て下さい。

ダンベルベンチプレスのフォームを良くするコツ!まとめ

ダンベルベンチプレスのフォームを良くするコツ!まとめでございます。ここからは筋肉コミュニケーション研究家のジャスティス岩倉氏ご本人がまとめさせて頂きたいと思います。

改めましてこんにちは!筋肉コミュニケーション研究家のジャスティス岩倉です!ここまでお読み頂き誠に感謝いたします。有難うございます。さてダンベルベンチプレスのフォームを良くするコツ!まとめでございますが

ジャスティス岩倉
体幹、正中線自分との戦いという大きな三本柱でご説明させて頂きましたが、具体的に何なにが一番、のコツなんですか!と。まとめさせて頂きますとこんな感じでございます!「自分の中の絶対不動をぶれることなく、正中線を意識して身体全体で、ダンベルベンチプレスを行ってみよう」です!+!柔軟性を高めること!特に肩甲骨周りと股関節周りです。ストレッチなどを行い、ニュートラルポジションを外さないように心掛けてください。肩甲骨の動きが固くなってしまうと腰痛に繋がる恐れありです!

「肩甲骨」の画像検索結果右のお写真は

神ボデイ松本さん!^^

筋肉研究家
なるほどー!ところでジャスティス岩倉さんの絶対不動って一体何なんですか?
ジャスティス岩倉
え!私の絶対不動なものですか?それは決まっているじゃないですか^^「正義の筋肉」ですよ!つまり「ジャスティスマッスル」の追求です。これまでの私の人生は多岐にわたります。しかし、そのなかでも必ずトレーニングが軸にありました。そして正義の筋肉を創りあげる旅は今も続いているのです。この絶対不動があれば道に迷った時、困難に対面した時、惑わされることはないです!

私がジムでトレーニングを実施している時、様々なアイディアが浮かんできます。仕事の事や演芸ネタなど様々です。私はそれを忘れない様にメモを残します。では絶対不動の揺るぎないもの見つけ出す方法はあるのでしょうか?それは自分自身のインナーチャイルドに聞いてみてください。インナーチャイルドとは内なる子供のことです。子供の頃見えていた景色は今も見えていますか?あの頃ご自身が夢中になっていたことを思い出してみるこです。

筋肉研究家
ジャスティス岩倉さん、有難うございます!正義筋肉、、そしてインナーマッスル、、、違う!インナーチャイルド!なるほどです。勉強になりました!私も絶対不動は何なのか改めて自問自答してみたいと思います。ジャスティス!

皆様いかがでしたでしょうか?今回のテーマはダンベルベンチプレスのフォームを良くするコツ!が切る口でしたが、そこから色々なお話になっていきました。しかし皆様の少しでもお役に立つ事が出来ましたら幸いです!

今回も最後までご清聴頂き感謝いたします。有難うございました。

スポンサードリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です