ベンチプレスを使った大胸筋の鍛え方3つのコツ

皆様こんにちは。筋肉コミュニケーション研究家のジャスティス岩倉です。今回はベンチプレスを使った大胸筋を鍛え方3つのコツと題しまして私ジャスティスがベンチプレスで大胸筋を鍛える3つのコツを伝授させて頂きたいと思います。皆様どうぞよろしくお願いいたしマッスル。

スポンサードリンク



ベンチプレスを使った大胸筋を鍛え方コツその1!肩甲骨

大胸筋を鍛えるトレーニングといえば、やはり一番最初に上がってくるのがこのベンチプレスではないでしょうか?ウエイトトレーニングのビック3の一つであります、このベンチプレスを使って大胸筋を鍛え方のを、私自身の経験と筋肉コミュニケーション研究仲間との研究で教えて頂きましたコツをご説明いたします。

wpid-received_748309578617576.jpeg

ベンチプレスを使った大胸筋を鍛え方3つのコツ、その一ですが、肩甲骨を寄せるというやり方であります。肩甲骨を寄せることによって肩が前に出なくなります。そして横隔膜が広がり大胸筋も広がりマッスル。その事によって肩への負荷のアプローチが減り、大胸筋へダイレクトに負荷がかけやすくなるのです。

ベンチプレスを行う際に肩が上がった状態や、肩が身体の正中線上よりも前に出でしまっている状態で動作を行ってしまうと、肩を故障しやすくなるだけではなく、パワーも入りずらいです。そうなってきマッスルと当然大胸筋へのアプローチが減ってしまい、思うような大胸筋を鍛えられません。

ベンチプレスを使った大胸筋を鍛え方コツ!その一!ずばり!肩甲骨を寄せた状態でのベンチプレスを行うということでしたジャスティス。是非皆様も実践して頂き、皆様自身で大胸筋の刺激を体感して頂けましたら幸いです。

 ベンチプレスを使った大胸筋を鍛え方コツその2!大殿筋(お尻)を締める!

はい!続きましてはベンチプレスを使って大胸筋を鍛え方のコツ。その2ジャスティス!コツその2は!!大殿筋(お尻)を締める方法です。大殿筋を締める事で骨盤が固定され、腹圧が上がりマッスル!そのことで身体全体のパワーを一点に集中させやすくなりマッスル。

大殿筋を固定させながら息を吸い込んで行き、ベンチプレスのバーを下げていきます。そして身体全体のパワーを集中させて、息を吐きながらバーを肩甲骨を寄せた状態で押しあげてみましょう!私はこの方法を用いて、私はベンチプレス200キロを持ち上げる事に成功致しましたジャスティス!

注意して頂きたいのは絶対に息を止めないでください。扱う重量が上がれば上がるほど身体の色々な所に負担がかかってきますので、正しい呼吸法と正確なフォームを心掛けてください。そうしないと怪我や故障の原因になります。

ベンチプレスを使った大胸筋を鍛え方コツ!その3!

続きましてベンチプレスを使った大胸筋を鍛え方コツ!その3ですが、重さに拘らないということです。確かに筋肉を大きくするために、重いものを扱うという事はとても重要なことです。しかし重さに拘るがゆえに、ピンポイントで大胸筋へのアプローチが意識できずらくなってしまうのも大変もったえないことです。

スポンサードリンク



その為、ベンチプレスで大胸筋を鍛える日に、身体全体を使って重さを追求する日と大胸筋のみを意識してポジィティブ、ネガティブをしっかり感じてベンチプレスを行う日をわけて見ては如何でしょうか?

ベンチプレスによって大胸筋を鍛える方法として高重量低レップス!低重量高レップスの使い分けでアプローチをかけて、大胸筋への刺激に変化をつけていってみては如何でしょうか?

ベンチプレスを使った大胸筋を鍛えるコツ!その4

ベンチプレスを使った大胸筋を鍛えるコツ、その4ですが、ベンチ台に膝を立てて、更に肩甲骨を寄せずに、そのままの状態でベンチプレスを行う方法です。重さを競うパワーリフターの皆様は肩甲骨をしっかり寄せた状態でベンチプレスを行うのに比べて、ボディビルダーの方々ですと肩甲骨を寄せずに、そのままの状態でベンチプレスを行うとう方もいらっしゃるみたいです。

ではどの様な違いがあるのでしょうか?これは私独自の見解でありますが、ベンチプレスを行う時に肩甲骨を寄せずに、そのままの状態で動作を行うことで、寄せた時よりも、上腕3頭筋、三角筋前部に力が多少分散いたしますが、大胸筋へのストレッチは軽減されます。

このことで大胸筋の形が変わっていきます。確かに扱う重量は減ります。自分の場合ですが、たしかに大胸筋の形が変わってききました。更に後背筋も補助的に鍛えられますので助かります。

また大胸筋はベンチプレスの動作のような「前に押し出す」動作ではなく、ダンベルフライのように「内側外側」方向に働く筋肉構造になっているようです。従いましてベンチプレスを行うときでも、意思は気持ち内側に押す様にジャスティスしてみると又刺激が変わってきます。

さあ!皆様如何でしたでしょうか?少しは参考になって頂けましたでしょうか?!皆様のベンチプレスと大胸筋のトレーニングの少しでも参考になって頂けましたら幸いです。

最後まで御清聴有難う御座いました!ジャスティス!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です