ランジの筋トレ種類は?

皆様こんにちは!筋肉コミュニケーション研究家のジャスティス岩倉です。今回はランジの筋トレ種類は、何種類あるのでしょうか?という質問がございましたのでジャスティス的回答をさせて頂きたいと思いマッスル。よろしくお願い致します。まず始めにランジというトレーニングは皆様はもうご存知ですよね。

wpid-1456901068071.jpg

ハイジャスティス!上のお写真のようなフォームの動きを致します、主に下半身、大腿四頭筋、大殿筋の筋トレの種目ですね。種類としましては以下の4種類が有名ですね!一つ一つご説明させて頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。ランジ筋トレの種類
バーベルフロントランジ(バーベルフォワードランジ)
ダンベルフロントランジ(ダンベルフォワードランジ)
バックランジ
サイドランジ

スポンサードリンク



バーベルフロントランジ

バーべルフロントランジの筋トレのポイントは体幹部をしっかりと固定した状態で、バランスを保ちながら太股が地面と平行になるくらいまで上体をを落とし、スティッキングポイント(一番動きの辛いポジション)で一度動作をストップさせます。そして今使っている筋肉を確定させます。じわじわと今使われている筋肉を意識感じられる事が出来たなら、その状態のまま上体を元の位置に戻してまいります

このスティッキングポイントまでしっかり身体を落とすことで、大腿四頭筋や大臀筋に大きな負荷を与えることが出来ます。呼吸を止めないように、背中が丸まらないよう意識して行いましょう。どうして背中が丸まると良くないのか?背中が丸まってしまうと、腰が痛くなって、肩が故障したりの可能が高くなってしまいます。しかし全ての人に100%言える事なのかと問われますとそうではないように思います。何故なら人間誰一人として、同じ筋肉状態ではないからです。様々な骨格やバランス状態なのです。その人にあったベストの姿勢で筋トレをジャスティスです。

またこのバーベルフロントランジはバーベルを担ぎ前後に動きますので、回りに人や物がないか始める前に確認してからスタートしてみてくださいませ。そして重心位置は後ろ気味にバーベルが落ちないようにしっかりとポジションを決めていきましょう。

スポンサードリンク



なおランジは身体を下ろした時に大腿四頭筋や大臀筋に負荷を与えます。その時にお尻の方に重心を置くことで、よりお尻から足にかけての筋肉が使われます。

前に出した足の膝をつま先より前に出さない様に意識しましょう。つま先より前に膝が出てしまうと、重心も前に移動してしまい、上にも書きましたが重心を後ろに置くということが難しくなります。重量選択に気を付けてください。無理をして重い重量を扱うと、怪我の原因になったりしますのでご注意くださいませ。

dsc_3261.jpg

写真スポルテック時のデッドリフトジャスティス!

ダンベルフロントランジ

はい。今度はバーベルではなく、ダンベルを使用した筋トレランジです。鍛えられる筋肉は基本的には一緒でありますが、両腕にダンベルを握っていますので、ダンベルの重みで僧帽筋にも負荷が掛かる事が考えられます。両腕のダンベルに重力が掛かりますので、バーベルランジに比べてバランスがとりやすと思いマッスル。是非お試し頂けましたら幸いです!

バックランジ&クロスバックランジ

押さば引け、引かば押せ!とは申しますが、日本では古来より武士道の精神というものがございます。前と後ろ両方鍛えることが大切なのではないでしょうか?はい!という事でバックランジ&クロスバックランジであります!バーベルを担いでもよし、ダンベルを握ってもよし!後ろに大きく踏み出しで大腿四頭筋、殿筋など下半身の筋トレを武士道の精神を胸にジャスティスです!!

サイドランジ!

皆様、もうお解かりですね!!薄々お気きの方もいらっしゃるかと思いますが前後ろと来ましたら!?そうです!サイドです左右です!という事でサイドランジでジャスティス!サイドランジはダンベルをもったサイドランジを私はお薦めいたします。なぜか?ダンベルを両手に持つことでバランスがよくなります。

またサイドランジの特徴としましては通常のランジと比較すると内転筋(太股の内側の筋肉)に強い負荷がかかります。この内転筋は大変重要な筋肉です。内転筋が衰えてくるとО脚になったり、ポッコリお腹になってきたりバランスが崩れてきます。しっかりとサイドランジの筋トレをジャスティスして身体のバランスを整えマッスルです。

そして何種かございます、ランジの筋トレの種類の中で私はこのサイドランジに力を入れて筋トレをさせて頂いております。私の体質にあっているのかも知れないです!皆様自分自身にあったランジの筋トレを見つけて頂けましたら幸いです。

最後まで御清聴頂き、誠に有難うございました。また筋肉コミュニケーションよろしくお願いいたします。筋肉コミュニケーション研究家ジャスティス岩倉

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です