効果的に太股を太くする筋トレ法!

皆様こんにちは!競輪選手の様な太い太股に憧れている、筋肉コミュニケーション研究家、ジャスティス岩倉です。まるで岩のように盛り上がった太い太股は強さの証であり、男の憧れロマンです!では、どの様な筋トレを行ったら太股を太く出来るのでしょうか?

太股を太くする筋トレとは!

はい!太股を太くする筋トレであります!こちらについてお話させて頂きたいと思います。よろしくお願いいたしマッスル!まず、皆様が太股を鍛える筋トレと聞いてまず頭に浮かぶのは、スクワットではないでしょうか??

スポンサードリンク



スクワットは、太股、ふくらはぎ、お尻、縫工筋(ほうこうきん)などの引き締めと筋力アップに大変効果が期待出来る筋トレです!また太股だけでなく身体の筋トレにもなる種目でキングオブウエイトトレーニングと呼ばれているほどなんですよ^^ること
個人差にもよりマッスルが、スクワットの筋トレで太股を太くを目指す場合は、ふくらはぎ、お尻、縫工筋(ほうこうきん)よりも太股に筋トレ意識を持っていきたいです。

自分のマックス重量の80%の重量にセットして8~10回を3セット行いマッスル!この時やはり意識は太股です。太股筋をコントロールできない重さでは行わないようにしましょう!あくまでもターゲットは太股ですから!
太股の筋トレアップを目指す場合はべた足(足の裏を全面床につけた状態)で行ない、ふくらはぎの場合はかかとを上げた状態で筋トレをジャスティスです!

太股を太くする筋トレ!スクワットはメンタルとの戦いだ!

先ほども言いましたが、筋トレの中でスクワットはキングオブウエイトトレーニングと言われるほど、実践しやすく手軽に筋トレでき、バランスや身体全体を筋トレできます!健康維持のためにもおすすめの筋トレです。

そして、重心位置などの意識を太股にもっていくことで、太いくてバランスのとれた太股を作り上げることが出来るのです。しかしスクワットはとてもハードな筋トレです。大変キツイ筋トレ種目です!ついつい自分に甘くなってしまいます。しかし、自分の目標、目的をなんとしても達成するのだという強い意志が大切なのではないでしょうか?ノーペインノーゲイン。。痛みなくして得るものなし・・筋トレマンやトレーニーの間で良く耳にする言葉です。

皆様、己に打ち勝ち、ジャスティス岩倉と共に、太股を太くする筋トレ!スクワットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!そして継続は力なりです。筋トレを歯磨きや髭剃りなどと同様にライフワークに一環にすることが出来れば最高ですね^^

スポンサードリンク



「太股が太くならない」と弱気になってる時間はございませんジャスティス!太くなるか、ならないかなんて重要ではございません!筋トレスクワットで太股を太くしたいという姿勢、筋トレスクワットで己の肉体に挑戦し続ける姿勢が生きがいとなり、人生を豊かにするのではないでしょうか。夢見がちな人を嘲笑う現実思考な人が多のも事実でありますが、太股が太くならないと決めつけ最初から筋トレスクワットを行わないという楽な選択をするか、己の太股の可能性に筋トレというアイテムで挑戦するかはあなた次第ジャスティス!!

そして

ハードに筋トレしても中々太股が太くなりませんと落ち込んでいる方々へ!ご存知の皆様も多いと思いますが、筋肉はジムでは作られません。4回の筋トレでオールアウトまでパワーを出し切りマッスル。しかし、だいたい週35回以上食べているかです。大切なのは筋トレ以外の時間帯をです。

週8時間の筋トレを行うのは素晴らしいのですが、更に大切なのは週56時間以上睡眠をとれているかでではないでしょうか。。筋トレは面白いモノでジムの外での行動がとても重要となってくるのです。

仕事が忙しいですとか、睡眠不足ですとか。筋トレを怠る理由はいくらでもでてきマッスル。そんな時はリメンバージャスティスです。筋トレは筋肉を鍛えるだけの行為じゃない。嫌な事から逃げ出さないメンタルを鍛える行為でもあるのです。「筋トレしたくないジムいきたくない」と思ったら己を律する強き気持ちで己の怠け心にジャスティスです!

自分と向き合え逃げるな!パワーでねじ伏せ筋トレジャスティス!ただしくれぐれも自分の体調が悪いときや筋肉に違和感を感じる時は、無理をせずに積極的な休養をおとりくださいね!

まとめ

ジャスティス岩倉
太股を筋トレで太くする種目の一覧をご覧くださいませ!

スクワット・・・腰の位置を反り過ぎず、丸め過ぎずにしっかりと腹圧がかかっているか感じながら実施しましょう。

レッグエクステンション・・・太股の中で一番大きい筋肉といわれている大腿四頭筋にダイレクトにジャスティス

太股を太くしたいという強い気持ち!・・・信じる心です。周りは関係ありません。自分と向き合い、逃げなければ必ず太股は太くなります。

レッグカール・・・太股の後ろ側でいわゆるハムストリングスと呼ばれる筋肉です。

片足ずつのランジ・・・無意識状態から太股に意識を片足ずつコンセントレートしいきましょう。

皆様、お互いに頑張っていきましょうジャスティス❗

ご静聴ありがトライセプス!!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です