女性必見!女性のための筋肉を効率よくつける方法

皆様こんにちは!

筋肉コミュニケーション研究家のジャスティス岩倉です。

今日は、最近質問の多かった、女性が筋肉をつける方法について筋肉コミュニケーションしていきたいと思いマッスル!

スポンサードリンク



筋肉をつけたいと思う女性の方々が増えて来ているようですが、実際にどのような方法で筋肉をつけたら望ましいのでしょうか?

はじめに……..

 

筋トレやダイエットしたい女性の皆さん速筋と遅筋は知ってマッスルでしょうか?

この知識は筋トレでダイエットする前にとってもインポータントですジャスティス!

それは人間の筋肉にはこの二つの筋繊維が、混ざり合うことによって構成されていマッスル!

筋トレをジャスティスする前に、速筋と遅筋について簡単にジャスティスしたいと思いマッスル!

①速筋とは?

image

速筋とは短距離や、ウエイトトレーニングなど、瞬発的な運動で使われるマッスル筋肉です。

簡単に説明させて頂きますますとダッシュなどで使われる筋肉です!

速筋が発達している人は筋肉が盛り上がり服の上からでも明らかにムキムキ度が解かりマッスル!

スポンサードリンク



②遅筋とは?

遅筋とはマラソンなどの有酸素運動や、日頃から使っている筋肉を遅筋といいマッスル!

遅筋は、筋肉の70~80%を占めていマッスル!

遅筋は持続した軽い負荷の筋トレで、

鍛えることができマッスル!

遅筋が発達している人は一見、筋トレや運動をしていない方と差ほど見た目に差はないのですがマラソン選手の様なシャープな体で、体が締まって見えます。

ですので女性のダイエットの筋トレでは、主にこの遅筋を鍛えるメニューを行ってジャスティスしたらよろしいのではないでしょうか?

そして

女性がジムで筋トレをしたらジャスティス岩倉見たいに?

女性が筋トレをした場合の、定番といっていい誤解が、筋肉ムキムキになるというものです。実際は、女性は筋肉をつくるホルモンが男性に比べて非常に少なく、筋トレをした程度ではそう簡単に筋肉ムキムキになりません。

恐らく、この誤解を生む原因の一つが、筋トレ後のパンプアップです。パンプアップとは、筋トレによって溜まった乳酸を、体が水分で薄めようとして、水ぶくれのように筋肉がパンパンになることです。

女性が筋肉ムキムキになるには、最低でも週5回以上のハードな筋トレと高タンパク質の徹底した食事が必要なので、そう簡単には筋肉ムキムキにならないのでご心配なく。

皆様ご存知のように、男性に比べて、女性は筋肉がつきにくいジャスティス!

これもあるあるですが、女性は筋トレをしたらマッチョになってしまうと思っている方も多いと思いますがこれは違います。

理由は男性ホルモン、女性ホルモンの作用が関係しています。女性はもともとマッチョにはなりにくいので安心してください。

女性ホルモンの「エストロゲン」という物質は、脂肪を蓄える機能を持ってマッする!そのため男性に比べて筋肉がつきにくくなっております!

しかし、男性も女性も筋肉をつける方法は変わらないと思いマッスル。筋肉をつける目的を、人それぞれの骨格や、扱う重量や回数によってコントロールしてトレーニングです。

食事内容も大変重要なことです。食事内容によって、プロレスラー体系になるのか、スリムマッスルになるのか決まってしまいますので、ご注意ください!

なお、男性でも女性でも、やはり大きい筋肉から鍛えるのかよいと思われます!

そして、運動量と食事の摂取量のバランスを考えてジャスティスです!!

対策としては、糖質が高い「おやつ」を食べないことが良いです。

1日~1週間で急激に体重が落ちますが、それは筋肉が落ちている割合が多かったりしマッスル!

脂肪が落ちないわけではありませんが、勘違いしないようにジャスティス!

筋肉が落ちるということは逆にいうと太りやすい体になっているということです。

体を鍛えて筋肉量を増やしていきましょう!

本気で身体を変えたいのであれば、器具の揃っているジムやスポーツ施設に通うのもジャスティスです!

メリットとしては

パーツパーツを様々なトレーニングマシンや器具で鍛えることができる!

これは実際にジムに行ってはじめてわかることですが、腹筋や太もも、お尻、二の腕(トライセプス)など、ジムには予想以上に、パーツ別のマッスルマシンが揃っていマッスル!従いまして、ジムで筋トレマッスルすることは、ボディラインにこだわる女性にとってメリハリの効くトレーニングを取り入れやすいというメリットがあるのではないでしょうか?

又、女性は男性に比べて一つの事に集中するのが苦手な傾向にあると聞いたことがあります。

一人で筋トレをしていると、どうしても集中できないという方は多いのではないでしょうか?ジムで筋トレをすれば、緊張感が出るため、一人でトレーニングする時よりも断然集中することが出来るし、様々な方々との筋肉コミュニケーションも可能です。筋肉を通じて知り合った仲間たちは永遠です!

気持ちの維持、ライフワークにジムワーク!

女性は日々の気分によって筋トレマッスルのモチベーションが低下してしまうということがあります。しかし、ジムで筋トレマッスルを行えば、同じように筋トレ努力をしている女性の姿をみることができ、そして女性用の筋トレメニューなど、参考にできるものも沢山あるのでモチベーション維持に繋がりマッスル!

ウエイトトレーニングからの有酸素運動、そしてストレッチ!

筋トレのあと、有酸素運動を行うのはダイエットに最も効果的だと言われています。特にダイエットを気にしている女性にとっては、ジムに行くことで、筋トレを行った後すぐに有酸素運動を行うことができます。

ダイエットには、筋トレや運動をした後の体のケアが重要です。なぜなら、ケアが不足すれば、体の回復は遅れ、その結果、筋トレの効率や翌日の活動レベルの低下に繋がるからです。ジムはストレッチエリアや器具が充実しており、場所によってはマッサージが受けられる所もあるため、女性にとっても体のケアを十分に行うことができます

週2~3回(1回20分程度)の有酸素運動を行うか、普段の生活の中でもっと体を動かせることが無いか見直すと良いでしょう。階段の積極的な利用がお勧めです。

女性の場合、ゴツゴツとした筋肉質な体型よりも、ホッソリと締まった体型を望む人が大多数です。この場合の筋トレ方法は、低負荷の重量で回数を多くジャスティス!

一日30分でも筋トレ!習慣

大切なのは習慣化です。継続は力なり!毎日筋トレをしなくても1週間に1度でもジャスティス!継続をすることで身体は必ず変わります!そして気持ちも変わります!

正しい知識を身につけて行えば、必ず効果を実感出来て継続するモチベーションも高まりマッスル!

何か物足りないと感じているそこのジャスティス!断言しよう。

足りてないのは筋肉だ。筋肉を手に入れる過程で自信、健康、知識、仲間、成功、根性、品格、社交性、彼女っぽいもの(ダンベル)、自制心、タフなメンタル、趣味、親友っぽいもの(バーベル)全てが手に入りマッス!。

探しにいこう!筋肉という宝物を!

 

スクワット

 

満腹時は避けて
背筋は地面と垂直に伸
ひざはつま先と同じ方向。
お尻が突き出ていない。
視線は前にキープし下に落とさないようにする。
呼吸は吸いながら下がり、吐きながら挙げていきます!

男性も女性も正しい、フォームでコントロールできる重さでジャスティス!

今日もありがトライセプス!!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です