自重でできる!おすすめ胸筋筋トレ3つの方法!

こんにちは!筋肉コミュニケーション研究家のジャスティス岩倉です!

今回のテーマは自重でできる!おすすめの胸筋の筋トレ

というテーマでお話をさせて頂きたいと思いマッスル!

スポンサードリンク



自重での筋トレは私が自衛官時代に行っていたトレーニングです。自衛隊では必要以上に付け過ぎた筋肉はミッションを遂行の妨げになってしまう為、自分の身体をコントロールできる筋肉が要求されます。

その為、自重での筋トレが支流となっていました。また自重での筋トレはいつでもどこでも出来るので取り組みやすいですので皆様も是非おこなってみてはいかがでしょうか。

そこで今日は私が自衛隊時代に学んだ自重での筋トレの中から、胸筋を鍛える筋トレを皆様にお話させて頂きたいと思いマッスル!自重での筋トレで自衛官のような燃費の良いスタミナのある身体とかっこいい胸筋を鍛えて頂けましたら幸いです。よろしくお願いいたしマッスル。

スポンサードリンク



まず自重でできるおすすめの胸筋の筋トレはやはり!皆様もご存知の腕立て伏せではないでしょうか!

いつでもどこでも手軽に筋トレが出来ますので是非試してみてください。そして腕立て伏せの方法にもいくつか種類がございますのでご紹介をさせて頂きます!初めに手の幅を変えて行うやりです、様々な角度から胸筋に刺激を加えていきましょう!

①肩幅より広い手幅で行うと、胸筋への刺激がより強度になりマッスル!その際、胸筋を意識して行うとより胸筋が効いてきマッスル。筋トレをする時は使っている筋肉を意識して行うように筋トレを行います。

今度は逆に肩幅より狭い手の幅にすると、上腕三頭筋トライセップス&三角筋ショルダーに効いてきます。

私は日頃フライパンを丸めたりしているのすが、その際につかう筋肉がこの上腕三頭筋(トライセップス)と肩(ショルダー)が主動筋です。この筋肉を鍛えて皆様も是非!フライパン曲げに挑戦してみては如何でしょうか?

そして曲げることが出来たなら、その成功体験を仕事や日常生活にも生かしてみては如何でしょうか。私は筋トレによって世の中の80%の事は解決出来るのではないかと思います。筋肉ソリューションです。壁にぶつかった時、人知れず悩んでいる時、是非筋トレを思いっきり行ってみてください!きっと解決できる何かが見えてくると思います。

③そして三つ目、最後の自重胸筋の筋トレです。

椅子や台などに足を乗せてて胸筋を鍛える腕立て伏せです。こちらは胸筋の上の部分にターゲットマッスルを絞った、胸筋の筋トレです!そしてこの筋トレ時もやはり、どんターゲットとしている胸筋の上野部分の筋肉を意識することを忘れないように心がけましょう!

またポイントは、腰がそらないようにお腹の筋肉に力を入れておきましょう。体感が弱いと腰を痛める原因にもなってしまいますので、体感の筋トレも必ず行うようにしていただきたいですね!

精神的に疲れている時、やる気がおきない時などではやる気の出るBGMを聞いたりすると良いかも知れないです。私の場合はそんな時、映画「ロッキー」のテーマ曲をよく聞いて、自分自身を奮い立たせて筋トレを行っていますよ!ロッキーのトレーニングシーンを思い出しマッスル!

『回数を決めて腕立て伏せを行う方法』をジャスティス!

いつもはセット数とレップ数を設定してジャスティスですが、時々私が自衛隊時代に実際に行っていた自重での筋トレ方法があります。

それは100回やるぞ!と回数を先に決めて各セット限界回数まで行う筋トレ方法です!例えば全部で100回やりきるのでしたら、最初の1セット目は50回出来たとしても次のセットでは当然回数は減ってきます。

仮に数を100回に設定した場合で解説させて頂きますと、1セット目は50回で限界だったなら。2セット目ではおそらく20回くらいで限界に達し。そして3セット目は10回で限界。このようにとにかく100回達成するまで繰り返しジャスティスです!

このやり方だと全セット限界回数で行えるので効果的な筋トレかと思いマッスル。是非皆様も自重での胸筋の筋トレにこの方法を試してはいかがでしょうか?

自重での筋トレは毎日行っても大丈夫

ウエイトトレーニングであれば毎日同じ部位をトレーニングしないのが基本ですが、自重での筋トレはこれに当てはまらないと感じます!

それは負荷が一定だからです。実際に私は自衛隊時代は毎日、自重での筋トレを屋上で行っていましたし、それが日課となっていましたそれでも私の筋肉はしっかりと発達していきました。

自衛隊時代は主に腕たて伏せ、懸垂を行っていました。腕立て伏せにより、私の胸筋はスタミナと厚みを増すことが出来ました。

た空手家なども毎日のように腕立てを行っている人は多いです。自重での筋トレは負荷が一定の為、毎日筋トレを行ってもよいといえます。しかし疲労を感じている時は休養が大切です!

それでも胸筋はしっかりと発達していきマッスル。毎日行う場合でもやはり、20レップで3~4セット行うようにしたり、初めに回数を決めてその回数を目指す筋トレと分けてトレーニングしてはいかがでしょうか!

まとめマッスルと

自重での筋トレで胸筋を鍛える種目

  • 腕立て伏せ
  • ディップス
  • アイソメトリックトレーニング

この3つの種目をまずは毎日先ほどのやり方で筋トレをしてみてはいかがでしょうか?

皆様の自重での筋トレが成功することをジャスティスです!!

また筋肉コミュニケーションよろしくお願いいたしマッスル!

御清聴有難うございました!感謝!

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です